2014-11-17

Highschool reunion - 30 years!


It was like walking into a room of noisy ghosts – the gathering of my classmates who graduated from highschool in 1984. Most of us (I think) had forgotten each other – squinting to read the name badges pinned to our chests with the letters far too small for our aging eyes. In the noise of shouting and laughing voices and loud retro music, we circled and milled about, slowly remembering some of the highlights of our school life.


My best friend at school (and my best friend still), Suzanne, and I went together. What an honor – to have witnessed each other’s lives over the years, remaining so close despite being separated by countries much of the time, full of gratitude for the freedom to follow our hearts, pursuing what we believe in and helping others. We purposely arrived a little late – waiting for people to have a few drinks to ‘loosen up’.  Even though we mentally prepared for the gathering as best we could  (looking over old school photos and searching personalities through facebook) it still all seemed a little surreal.

Overall it was refreshing to feel that there was seemed to be no real sense of competition - that may have been the case in a 10 or even 20 year reunion where career, income ‘success’ or even good looks! may have taken on more importance. The brief snatches of conversation possible in such a crowded cacophony, tended to be more about whether you had any children (and then raving on about them) and where you lived rather than what you were doing or had done.  It was wonderful to see the shy, intelligent wallflower of our final year become the life of the party – probably the most publicly ‘successful’ person in her career as a comedienne of international standing.  

I was remembered (fondly I think) as that girl who always had a campaign going on, who stood up for her beliefs and principles and who played the lead role in the high school musical. Former classmates told me that they had enthusiastically voted for me in election campaigns over the years and looked perhaps a little wistful that they hadn’t done more for worthy causes. And I felt, again, vaguely guilty that I had not done (am not doing) more to effectively ‘make a difference’ - witnessing, with eyes wide open, the relentless devastation of the last thirty years on the planet and on our human culture.

We're still the same people at our core – the kind and compassionate ones, the intelligent nerdish ones, the outwardly confident ones, the sporty ones, the practical, organizational ones (thanks to them the gathering happened at all!). My 30 highschool reunion seemed to me like a kind of zen practice for that time near our deaths when we reflect on how we have lived and what we have done with our lives, the people we have known, our experiences, our choices – the sum of us.  Overall, I am quite content – let’s see what the next thirty years brings!

Class of 1984 PBCSHS

2014-11-16

本当の自分でいること

時間は敵のように見えることもありますが、また素晴らしい先生の役割を果たすこともあります。時にはあの夜明けの美しい饗宴、海から太陽が現れる光景を見ているとしばし時間が止まり、そしてすべてのものの本来の姿がくっきりと浮かび上がって来ます。それから一日が整然と雑然を伴いながら現実世界の中で踊るように時を刻んで行きます。

私達一家は今ゴールドコーストに住んでいます。ここは私が生まれ育った土地であり、また自分のアイデンティティが損なわれないようにともがいていた場所でもあります。青春期にかけては「こうしなくてはいけない」という種類のさまざまな影響や重圧を受けてきました。ゴールドコーストはその美しいビーチとサーフィンで知られていますが、それだけでなくカジノやナイトクラブ、そして美容整形でも有名です。間違いなく影響は大きく、そしていつも健康的という訳には行かないのです。
今パチャは十代の多感な転換期に差し掛かっているので、私は彼女に対するいろいろな影響のバランスを取りながら、私たちは誰でありそしてどうしてここにいるのか、ということを思い起こさせるように意識しています。でもサーフィンはいつも彼女の中心に位置づいており、自然の中で自由に振る舞いそして力の源とも言うべき存在なのです。この動画を見てください!

2週間前に私たちは深い自然に抱かれた女性リトリートに呼ばれました。そこは海の力といろいろな能力を持つ聡明な女性達により営まれていました。大いなる暖かい抱擁という感覚が当てはまると思いますが、そこではあなたをそのまま、あなたが人生の旅路のどこにいようと育み受け入れるのです。あなたが自分自身のままでそこにいて人生のドラマと向き合い、他の場所から来た女性たちと結びつきを深めることを助ける新しい空間がありました。その美しい森の隠れ家のようなリトリートセンターをパートナーのピーター・カミングさんとともに創り上げたエシャーナさんには本当に感謝しています。私は将来彼らと一緒に深い自然に囲まれたワークショップを営み、そこにふさわしい人々を招きたいと思っています。みなさん、日本からもいかがですか?

私は、そこでパチャがそれまで身にまとっていた幾重もの他人からの期待を自ら剥ぎ取り自分のあるがままに返り、活発で喜びに満ちそして自由な肉体と精神を取り戻したのを目の当たりにしました。そうです。私たちは皆荒れ狂う海に飛び込み、サーフボードの上に立ち上がろうとして大波に向かって願うのです。私たちはか弱い人間なので優しくしてねと。そして転げ落ちぐるぐると回り洗い清められ・・そして再生するのです!

その間ヤニは、彼への大いなる啓発者であるRasta(ミュージシャン、活動家、そして地球上でもっともすぐれたフリーサーファーの一人)と一緒の時間を過ごしていました。そしてヤニも家に戻った時には彼の平和への感覚は再生されていました。しっかりとして冷静で、自分の人生を心に従い進み展開していく大いなる自信とでも言うべきものが備わっていました。
次の週末にコフスハーバーの近くで行われたサーフィン大会に行ったとき、熱帯雨林保護活動で一緒だった友人のアンディと20年ぶりに出会いました。アンディとティーンエイジャーの息子のフィンはとても美しいインテンショナル・コミュニティに住んでいます。そこは国立公園の中ほどに位置し海から歩いて数分のところにあります。そのコミュニティーではエネルギーや水、そして健康的な食材を自給しており、またお互いを敬い助け合う生活をしています。こういう事例からも私は、人間が未来に生き残り繁栄していくには様々な方法があるということを心から思うのです。

私たちはゴールドコーストを本拠としてはいますが、幸せなことに、ここには素晴らしい友達や家族に加え、文化や環境の観点からこの地の自然を守るために立ち上がる人々との長く力強い結びつきがあります。先週末GECKO(地域の環境グループ)の25周年記念集会に呼ばれましたが、それは偶然にもカフェスローで行われたナマケモノ倶楽部の15周年記念の会と同じ日でした。さて、私にとってのハイライトは、ママ(環境活動で賞を受けました。)や妹と良い付き合いをしてきたことと、そして何年もの間に行ってきた本当に数多くの活動とその素晴らしい仲間たちのことを思い出すことなのです。

【翻訳】中久保慎一

2014-10-22

Staying 'real'



Staying 'real'

Time can seem to be an enemy, but is such a great teacher too…Sometimes in those beautiful dawn celebrations, watching the sun rise out of the ocean, time stands still for a moment and there is clarity and everything seems as it should be. Then the day goes on in relevance and irrelevance – a dance in trying to keep it real.



We live on the Gold Coast now, the place I grew up, the place that I struggled to keep my identity intact as I grew through adolescence and there was so much influence and pressure to ‘be a certain way’.  The Gold Coast is famous not only for it’s beautiful beaches and surf, but for casinos, night-clubs and plastic surgery. There’s an influence, no doubt, and it’s not always a healthy one!
As Pacha travels through the big transition of teenage-hood, I’m aware of balancing the influences and reminding ourselves about who we are and why we are here! Surfing has been a constant anchor for her - to nature and to freedom and empowerment - take a look here!
 
A couple of weeks ago we were invited to take part in a deep ecology women’s retreat, co-facilitated by the ocean and an amazing team of wise and empowering women.  It felt like a warm embrace – nurturing and accepting of who you are, no matter where you are on your life’s journey.  There were new tools to help stay true to yourself and negotiate life’s ‘dramas’ and deep (re)connections to other women from different places. I’m so grateful to Eshana who has created the beautiful Foresthaven retreat centre with her partner Peter Cumming - I hope to work with them in the future inviting people along for deep ecology workshops – perhaps from Japan?

I watched as Pacha peeled off the layers of other people’s expectations of her to come back to her core – an exuberant, joyful, free spirit – strong in body and mind. We all jumped into a raging ocean, attempting to stand on our surfboards – asking the powerful waves to be kind to us since we are only feeble humans, being tumbled and turned and rinsed out… refreshed!

In the meantime, Yani got to stay with his great inspiration, Rasta - musician, activist and one of the best free surfers on the planet. Yani came home with renewed sense of peace – a steady calm and inexplicable faith that he could make his own good story, following his heart – in service to life…
The following weekend, we travelled to another surf competition near Coffs Harbor and were able to reconnect with a rainforest activist friend that I hadn’t seen for 20 years! Andy and his teenage son, Finn, live on a most beautiful intentional community – just minutes walk from the wild ocean in the middle of a national park. Self-sufficient in energy and water, lots of good healthy local food and a community that celebrates together and supports each other…it was another heartening reminder that there are many ways that humans can survive and thrive into the future.

So, even though we are based on the Gold Coast, we are so lucky to have wonderful friends, family and long, strong connections with the people here who stand up to protect the natural beauty of the place culturally and environmentally). Last weekend we were invited to attend the 25th anniversary celebration of the GECKO (our local environment group) – which happened to coincide with the 15th anniversary celebration of the Sloth Club at Café Slow! The highlight for me was going along with my Mum (who received an award for her environment work) and my sister – and remembering the many, many campaigns over the years and the wonderful people we’ve shared them with!


2014-10-11

ナマケモノ倶楽部15周年に寄せて

2014年9月11日分

私はあのナマケモノに最初に出会った日のことは忘れることができません。

それはまるで生きたロースト肉であるかのように手足を体にくくりつけるように縛られ、コンクリートの洗い場に転がされていました。出荷される日をじっと待っており、いずれそのやせた体が北西エクアドルの家庭の食用の一部となるのです。まだ殺されていないのはただ肉を新鮮に保つためだけなのでしょう。その苦しみは無言であり顧みられること無くそして不条理なものでした。この光景を前にして、最初私の内なる世界が崩れ落ちました。私は、必要悪として他者の苦しみから自らを切り離してしまう、人間の特徴的傾向を目の当たりにしていたのです。

とてもやるせなく悲嘆にくれましたが、この生き物を解放すべく、エクアドルの食文化に対して出来る限りの配慮をしながら交渉した結果何とかこのナマケモノを買い上げることができました。そしてこの美しい動物を膝の上に寝かせ、虫にたかられた緑色がかった毛をなでながら、永遠に変わることのない微笑をたたえた顔をじっと見つめていると、私はナマケモノというものは何と素晴らしい生き物なのだろうと感じ始めました。穏やかで疑う余地がないほど敵意が無く、とてもとてもゆっくりで。そしてナマケモノは少しずつ、でも着実に動きながら木に登っていったのです。あのナマケノは知る由もなかったでしょうが、この出会いがナマケモノでないことを理想とする日本という国で私たちの運動が始まるきっかけになったのです。

15年経ちナマケモノ倶楽部は続いています。寛容でかたよらず思いやりの心を持ち、年齢や経歴にこだわらない仲間たち。この運動が深みのある影響を持っていることに少し当惑しながらも、宗教的でない、環境や文化面での運動が様々な社会的変革-と言っても多くは魂のレベルなのですが-を生み出しています。私は遠くから見ていていつも新しいアイデアや活動に感銘を受けています。そして最も飾り気のないつつましやかな取り組み方法が最も大きな影響力を持っているように感じられます。それは愛そのものです。

そういう考え方や感性がほかの運動に浸透していくのを見るのは感動的です。ほかの運動家たちが、悪夢のような破壊行為の背景となっている世に蔓延した支配的なシステムのおかしな模倣に陥ることから守ってあげることができるのです。

そして、もちろん私たちは皆「ナマケモノになる」ことを目指し続けていますが、一方で私は最近、私たちの運動は映画ロード・オブ・ザ・リングにおけるホビット族の役割に似ているのでは?という認識を持っています。いのちを守るという使命を果たす事は出来ないと知りつつも、でも決してあきらめることなく、私たちのすべての活動の中にユーモアや人間らしさを見つけ出そうとしています。たとえそれがどんなに小さなことや一見重要に見えないことであっても。映画の中で、ビルボとフロドという裸足のホビット族が力も運も足りないとしか思えない絶望的な使命に立ち向かう姿を見て魔法使いのガンダルフは言います。「暗黒を押しとどめているのは、普通の人たちの毎日の小さな行いの積み重ねであるということが分かった」。

満面の笑みと自慢の裸足(だいたいそうです!)の自分です。そしてナマケモノ倶楽部のメンバーでいることは私の名誉と喜びなのです。

2014-09-16

夜明けから日暮れまで

201482日分

私たちはこの地でとても穏やかな冬を過ごしました。夜は冷えこみますが、日中は澄みわたる青空がきれいです。ほとんど毎日、登校前か下校途中にビーチに寄ります。パチャとヤニは波打ち際で踊り、このあたりを通るクジラやイルカたちに胸をときめかせ、黄金色の夕焼けにしっとりとした気持ちになって深呼吸するのです。

私たちは居心地よく守られた空間の中に暮らしています。安全で、家族の支えがあって、お腹一杯食べられて、感謝され誰かの役に立っている…、世界のそうでない部分の多くは恐怖と苦しみのうちに崩れ落ちていこうとしているようなのに。
ニュースやフェイスブックのタイムフィードは死と破滅で埋め尽くされ、誰かと誰かの間で非難の応酬が続いています。ここでは人々が通りを闊歩しているのに、メディアが切り取った(ときに強調した)イメージはぞっとするようなものです。傷つき、打ちのめされた人々の姿を見た視聴者は、居心地よい日常の世界に引きこもってしまいます。
気候変動が引き起こす混乱もあります。シベリアがメタンガス放出源になっているというニュースはシェアする気にもなれません。ショックで麻痺してしまいそうです…。

地球上に戦争を引き起こすメカニズムは、すべて化石のような経済モデルと捻じ曲げられた階級思考に端を発しています。そこには未来も、愛情もありません。人間が作り出したものは、人間の手で終わらせることができると信じましょう。

私たちにできること

どうすればいいのか…。生きているだけで、目撃しているというだけでいいのでしょうか。オープンハートでいれば、そして身の回りで日々目にしていることがもっと平和的に、もっと善い形で行えるとわかっているとき、無視したりしないと自分自身に約束すればいいのでしょうか。裏庭で始まっている自殺行為を解決するには…。

今日、Youtubeで見た動画には心を打たれました。動物園の小さな池に落ちたカラスを熊が助けたのです。熊はカラスを食べてしまうのではなく、元気を取り戻して(できることなら)、飛び立つようにとそこに放置しました。

この動画に、私はかつて環境活動家のブルーノ・マンサーがくれた手紙を思い出しました。川で溺れそうになっていた燕を助けた時のことを書いていたのです。(このことは、松谷冬太と一緒に歌にしました。)すべての希望が失われたと思っても、善き魂は手を差し伸べようとするのです。

人間は心の奥底に、全ての命に共通の法則を必要とする者たちを助けようとする本能があるのでしょうか。楽しみ、触れあい、笑い、愛する、全ての命が求めるこうした行いは、私たちが家族のもとへ帰るよう導いてくれる誰かを守り、養い、いたわる気持ちの表れなのでしょうか。私たちの魂は愛に支えられた慈愛の道を選べるほどに強靭でしょうか。

2014-09-11

15 years – the Sloth Club.


15 years – the Sloth Club.
 
'Buttercup' - photo credit: Lucy Cooke
I can never forget the day I met the Sloth. 
Bound and trussed like some living pot roast and left in a concrete laundry tub, awaiting the day it would be dispatched and it’s scrawny flesh become part of a meal for a family living in north-west Ecuador. Leaving it alive was a way of keeping the meat fresh I suppose, its suffering silent, unnoticed and irrelevant. And this is what initially brought my world crashing down, this defining tendency of  human beings - this disconnection to suffering.
I was inconsolable. But somehow, with as much cultural sensitivity as possible, we managed to buy the creature in order to win its freedom. With this beautiful animal laying in my lap, touching its green-tinged, insect-riddled fur, gazing into its permanently smiling face, I started to realize just how amazing Sloths were – gentle, unequivocally unthreatening and so extremely slow. As it determinedly inched it’s way up the tree, little was it to know it had sparked a movement in a country where the ideal character was the antithesis of Sloth.
15 years later and the Sloth Club continues. A family of caring, openhearted and non-judgmental humans of all ages and backgrounds - slightly bewildered that this movement has had such a profound impact – a non-religious, environmental, cultural movement that runs multitudes of ‘campaigns’ – but works primarily on the ‘soul’ level.
For me, watching from afar and continuously inspired by the latest ideas and campaigns - it seems like the most simple, most humble approach is having the deepest impact – simply Love.
It’s so inspiring to see these ideas and sentiments infuse many other ‘movements’, saving them from becoming strange parodies of the dominating, controlling system behind this nightmare of destruction.
And while of course we all still aspire to ‘become Sloth’ – lately I have seen our movement like those Hobbits in the Lord of the Rings classic. Knowing that our quest to protect Life is all but impossible, but never giving up - trying to find humour and humanity in all our activities, however small and seemingly insignificant. As Gandalf says as he describes the barefooted hobbits Bilbo and Frodo undertaking a seemingly impossible mission against impossible odds:
I found it is the small everyday deeds of ordinary folk that keep the darkness at bay. Small acts of kindness and love.”
With a big smile and proudly bare feet (usually!) - it is my honor and joy to be a member of the Sloth Club.

2014-09-03

生きるべきか・・・。

2014年8月14日分

コメディ俳優ロビン・ウィリアムズの自殺のニュースは、皆と同じく私にも(柔らかく静かにですが)感じ入るものがありました。その事件はさざ波のように世界をめぐりそして皆一斉に声をあげました。
「何故なんだ?」

もちろん答えは単純ではありません。しかしその疑問自体、世界中の人々が自らの生きる目的、方向、選択などすべてのことを問い直すきっかけとなったのではないでしょうか。ロビン、命と引換えに世界へこの問いかけを与えてくれたこと・・・感謝します。

何故?という問いに対し私なりに答えを探ってみると、彼を笑いの天才たらしめたのは彼の他者への深い思慮と思いやりであったという矛盾を深く感じ過ぎたから、ということが思い浮かびます。彼を愛する人々に深い悲しみを与えたとはいえ、こういう彼の人生の終わらせ方について私自身は怒りや非難という感情は抱きません。感情的痛みは肉体的痛み同様に激しいもので、希望を失うことが命を奪うことさえあるということは十分に理解できます。

多くの人は、あれほど成功し富を得て皆から愛されている彼のような人が、自ら人生を終わりにさせてしまうことを受け止めることができません。一方で、いわゆる持たざる人が生き抜くために、しばしば強い意志を発揮できるのは何故だろうと考えます。

また、人の業(karma)の深さについて語り、彼は命の転生の中で修行を積んでいくことになるのだと言う人もいます。私は(一般的には)輪廻転生を信じる者ではありますが、一方で他人の魂の行く末を予測する権利は誰にもないとも思っています。それは謎なのです。すべての命あるものはそれぞれ自らの生き方があるのです。私達ができるのは心に忠実にあること、そしてそれぞれの状況でどう感じるか、ということです。他者との共感や思いやりが自分を導くのであり自分の行動の徳が高いかどうかを秤にかけることによって心が動くものではありません。
実際、私はうつ(鬱)を病であるとは思っていません。特に今の混沌とした時代の中ではなおさらです。私達は人類として今、過去の世代が経験したり作り出したことがない情報や概念に取り囲まれています。例えば核兵器、大量絶滅、気候の不安定化、グローバル企業経済。

心を開いている人たちは感じ、時には行動し、時には隠れ、時には祈り、時には愛する人を抱きしめ、あるいは日の出の美しさに自らを癒す・・・。
人生の選択は必ずしもたやすくはありません。